より良い自動車保険に加入するために…必要な「比較」

ライフスタイルや家族構成などによって、自動車を使う頻度は違うものです。自動車を所持するための安心として必要となる自動車保険は、自分に合っていることが必須であり、自動車の使用頻度や年齢などさまざまな要件に合った自動車保険を選ぶためには、各社比較して選ぶことが必要となります。

自動車保険は何のためのもの?

自動車保険の必要性

自動車を運転するということは、常に危険と隣り合わせです。たとえどんなに安全運転を心がけていたとしても、他の人が起こした事故や突然のトラブルに巻き込まれる可能性もあります。「もしも」のその時のために、自動車に乗る際は、自動車保険は欠かすことができません。

自賠責保険と任意保険

自動車を所持している人が、必ず加入しなければならないものが「自賠責保険」です。自動車を所持する以上、自賠責保険の加入は法律で定められています。一方、「任意保険」は原則的に「自分の意志」で加入する保険です。自賠責保険で対応できない事故やトラブルをカバーするという意味において重要な役割を果たす、いわば自動車を運転する上での安心材料です。

損害保険会社の「格付け」とは?

自動車保険会社を選ぶ際には、各会社の「格付け」も注意したいものです。格付けとは、いわゆる「成績表」のようなものであり、格付け機関によって様々なデータを基に分析・評価されています。複数の格付け機関による格付けを比較してより評価の高い自動車保険会社を選ぶことで、「もしも」の時の対応力が分かります。

「年齢別」保険料

自動車保険は、年齢によって保険料が大きく異なります。一般的に若年層の方が事故を起こしやすいと言われていることからも、保険料が高く設定されています。子どもがいないご家族や、子どもが巣立った後夫婦で自動車を使用する場合などは、保険料が安くなる、もしくは今加入している保険よりも安価な保険に加入できる可能性が高まります。「年齢」ごとの保険料の変化についても比較が必要です。

自動車保険の比較

比較する重要性

日本には、さまざまな自動車保険があり、その中から「自分に合った自動車保険」を選ぶことが必要となります。それぞれの特徴や魅力を知ることで、「もしも」 の時に対する不安要素を払しょくするという意味においても自動車保険を比較してから決めることが重要となります。

自動車保険を比較する際のポイント

自動車保険を比較する上でのポイントは、相手への賠償のための「対人・対物補償」、自分や家族のケガ、死亡のための保障である「人身・搭乗者・無保険・自損」、自分の自動車が壊れてしまったときに対する補償「車両保険」、各保険の付加サービス保障「特約」です。

ダイレクト型と対面型

「CMや広告などで自動車保険を見かけるけれど、違いが分からない…」という方は、まずダイレクト型と対面型の違いを知っておきましょう。自動車保険にはインターネットや電話などで手続きをすることができるダイレクト型と、代理店や自動車のディーラーなどで手続きを行う対面型があり、それぞれ特徴や値段も異なります。一般的にダイレクト型には「格安」を求め、対面型には「きめ細やかな対応能力」を求める人が多いようです。

保険会社の対応

突然訪れるかもしれない「もしも」の時に、保険会社が親身になってくれることや、対応能力の早さなどで安心を感じることができます。保険会社にも会社によって特色や対応方法が異なります。保険会社を比較する際には、各社の対応などについても気を付けてチェックすることをオススメします。

自動車保険の比較、合わせて注意したいポイント

ロードサービス

自動車を運転していると、「タイヤのパンク」や「ガス欠」などの自動車トラブルが起こる可能性があります。こういったトラブルを対処してくれるのが「ロードサービス」です。自動車保険のロードサービスは、年会費や利用料金が不要なことが多いことから、付加価値としては重要なチェックポイントです。トラブルサービスの他にも、現場から修理工場まで自動車を運んでもらえるレッカー移動サービスや遠方起きた事故の際の宿泊・帰宅費用サービスがある場合もあります。

長期契約か、1年契約かの選択

自動車保険を選ぶ際には、「長期契約」にするか「1年契約」か…という点も気になるポイントです。家族構成や補償内容の変化に対応することのできることが最大のメリットである1年契約に比べ、長期契約は一定期間保険料が上がらないことがメリットとなります。ただし、長期契約を選ぶ際には期間中の条件変更などをこまめに自己チェックすることが求められます。ライフスタイルだけでなく、契約者の「性格」なども比較のポイントです。

まとめ

食材や日用品などのように「毎日目にし、支払う」というものでないからこそ、自動車保険選びは慎重さと各保険会社の比較が必要となります。自動車を運転する以上、いつ事故やトラブルが起こるか予測できません。だからこそ、安心して自動車を運転するためにも自動車保険の加入は必要であり、自分の目的に合った自動車保険に加入したいものです。