電気代の節約

オール電化の人は必見!電気料金は時間帯を考えて使うとおトク!

「電気は夜に使った方が安いから、洗濯物は夜洗うの」と言っている人が、あなたの周りにいませんか?「電気はいつ使っても一緒でしょ?」と思っているあなた!損しているかもしれませんよ。時間帯によって電気代が違ってくるのです。今回は、時間帯によって電気代が違うことを利用した節約方法をご紹介します。

電気代は時間帯によって変わるプランがある

多様なライフスタイルに合わせたプランがたくさん

2016年4月からの電力小売り自由化によって、さまざまなプランが展開されています。電気料金にプランなんてあったの?と知らずに過ごしている人も多いでしょう。それでは損をしてしまうこともあります。人それぞれのライフスタイルに合わせた電気料金プランがあるので、自分たちのライフスタイルに合うプランを探してみてください。

節約はプラン変更ですぐにできる

電気代が高くて困った、色んな節電方法を試してみるもののなかなか思い通りにいかない…と困っているあなた!プランの見直しはしてみましたか?自分たちのライフスタイルにあったプランに変えるだけでも、電気代の節約になるのです。電気代が高いとお悩みの時は、電気プランの変更を検討してみましょう。

自分達のライフスタイルにあったプラン選びをしよう

自分達のライフスタイルに合った電気料金のプランは、一体どう選べばいいのでしょうか。事前に確認しておくといい点をいくつかご紹介します。

お昼間に家にいる頻度は?

昼間に家にいる頻度や人数はどれくらいなのでしょうか。お昼間は仕事でいなかったり、学校や習い事があるので夜まで家にいないなんて場合もあるでしょう。家に人がいる場合は、電気をつけたりテレビをつけたりと、電気を使うことになりますが、人がいなければ使われませんよね。また、人数が少なければ、使う消費電力は少ないはず。お昼間に人がいるかいないか、人数が少ないかどうかを確認しておきましょう。

家事をする時間帯はいつ?

料理を作ったり、掃除機や洗濯機などを使ったりと、家事をするのに電気は必須ですよね。いつ家事をするのか、夜に移動できるのかを確認しておくのも、電気プランを考えるのには必要項目です。22時以降に電気代が安くなるプランなどもあるので、その時間に家事の移動を検討するのもいいでしょう。

週末の過ごし方は?

週末がお休みのお家も多いかと存じますが、どんな過ごし方をしていますか?土日両方とも家でゆっくりと過ごすタイプのお家もあれば、土日の内1日は外出をするタイプの家などさまざまですよね。週末の過ごし方で、電気の使い方も変わり、プラン選びに響いてくるので確認しておきましょう。

時間帯別の電気料金を使った節約方法

消費電力の大きい家電、小さい家電を把握しよう

電気を使う中でも大きい割合を占めるのが家電。料理をするのに使うIHクッキングヒーターは、最大使用時で5800Wになります。電子レンジ・オーブンは1400W、電気ケトルは1300Wと、IHクッキングヒーターとは大きく異なってくるのです。洗濯機やアイロン、掃除機などは、1000〜1200Wとあまり大きな差はありません。料理は時間帯をずらすことは難しいので、他の家電で時間を気にするようにしてみましょう。

電気代が割安な時間帯をフル活用する

例えば昼間に人が居ない家であれば、お昼の電気代は高く設定され、21時以降は安くなるというプランであれば、21時以降にできる家事はそれ以降に回しましょう。料理は家族がお腹が減ってしまうので、ずらすことは難しいですよね。でも、洗濯機やアイロンなど、急ぎの用ではない限り21時以降にずらしても支障はないでしょう。それぞれ家庭の事情はありますが、電気代が割安な時間に家事をすれば、電気代節約につながります。

タイマー家電はセットしておこう

家電の中には、タイマーセットができる家電がありますよね。例えば、炊飯器や洗濯機、ポットなど身近な家電の多くにタイマー機能があります。お米が炊ける時間や、洗濯機が回る時間、お湯を沸かす時間を、電気代が割安な時間帯になるように、あらかじめタイマーでセットしておくのです。そうすれば、割安な時間に急いでもろもろ行わなくても済みますよ。

まとめ

時間帯によって電気料金が異なるプランは、自分達のライフスタイルに合ったプランになっているので、今までと変わらない過ごし方で生活していても節約につながります。でも、今まで以上に電気料金が安い時間帯を意識して生活することで、電気代の節約がもっとできるようになるのです。プラン変更をしたなら、ぜひ電気料金が安い時間帯を意識することを心掛けて、電気代節約を目指しましょう。

家計の見直しはプロへの無料相談がおすすめ
LIFULL保険相談

保険のプロからアドバイスをうけることで、医療保険、がん保険、学資保険、介護保険、個人年金保険など、保険料の大幅に減額や、ライフプランの見直しが可能です。

日本生命保険相互会社のグループ会社である株式会社LHLが運営する保険相談ニアエルでは、テレビCMでお馴染の「保険見直し本舗、保険クリニック、みつばち保険、保険ほっとライン、ほけん百花、保険ひろば」など業界最大の全国1,200店舗以上の保険ショップと提携し無料保険相談の予約ができます。お近くの店舗を探してみてください。

近くの保険ショップを探す