電気代の節約

気になる電気代は?プラズマテレビの電気代が高い理由をご紹介

家庭用のテレビは、液晶テレビが主流になりつつありますが、プラズマテレビが好きでまだ使っているという人は多いでしょう。しかし実はプラズマテレビは、液晶テレビに比べて電気代が高いという傾向があります。今回は、プラズマテレビにかかる電気代や、プラズマテレビの電気代が高い理由を詳しくご紹介します。ぜひ参考にしてください。

プラズマテレビとは

プラズマテレビについて

プラズマテレビは、スポーツ観戦など激しい動きでもなめらかに表示してくれる強みがあります。また、暗いシーンにも強い、最大50インチという大画面にも適している、長時間視聴したとしても目が疲れにくいという特長もあるため、映画鑑賞にも向いているでしょう。しかし、蛍光灯などの光が画面に映りこんで、ちらつきがある弱点もあります。

液晶テレビについて

液晶テレビは、どこに置いていても明るい映像を見ることができ、画面に近寄っても綺麗な映像を楽しむことができる特長があります。さらに、プラズマテレビの弱点である光の映り込みがないため、ちらつくことはありません。液晶テレビはラインアップも豊富で、小型から大型(最大40インチ)まで選ぶことができるでしょう。しかし、激しい動きには弱く、残像が出てしまう弱点もあります。

プラズマテレビにかかる電気代はいくら?

インチ数によって違うプラズマテレビの電気代

プラズマテレビは、実際どれほどの電気代がかかるのでしょうか。例として、パナソニックのビエラシリーズの2011年モデルで、年間の目安電気代を見てみましょう。42インチのプラズマテレビでは、1年間で3,456円の電気代がかかり、消費電力は128kWhです。46インチでは、1年間で3,915円で消費電力は145kWh、50インチでは1年間で4,158円で消費電力は154kWhとなっています。

液晶テレビの電気代と比べると?

液晶テレビの年間の目安電気代は、42インチの液晶テレビで、1年間2,542円の電気代がかかり、消費電力は94kWhとなっています。46インチでは、1年間で2,470円で消費電力は92kWh、50インチでは1年間で3,339円で消費電力は124kWhです。また液晶テレビは、タイプによってはインチ数が小さいものより大きいものの方が電気代が安いこともあるので、消費電力に注目するといいでしょう。

プラズマテレビの電気代の方が高い

プラズマテレビの電気代の方が、液晶テレビの電気代より約3割高いという結果になりました。もちろん消費電力も、液晶テレビよりプラズマテレビの方が高いですね。

プラズマテレビの電気代が高い理由

それぞれの仕組みの違い

プラズマテレビが液晶テレビに比べて電気代が高い理由は、それぞれの仕組みの違いにあります。それぞれの仕組みについて詳しく解説します。

プラズマテレビの仕組み

プラズマテレビは、一面に小さなセルが敷き詰められており、そのセル一つ一つの内側に光の三原色の蛍光体があります。このセルが光を放つことで映像を作り出しているので、鮮明さに優れているのです。しかし、セルがそれぞれ発光するため、消費電力が高くなってしまいます。精密な作りであることから、プラズマテレビ自体の価格も高い傾向にあります。

液晶テレビの仕組み

液晶テレビは、バックライトと液晶パネルとカラーフィルターの三層構造です。この内蔵されたバックライトを利用して、光や色をコントロールし明るい映像を映し出しています。光の量を必要に応じてコントロールすることができるので、消費電力が低くなるのです。

電気代が高いプラズマテレビの賢い使い方

電気代は気になるけど、どうしてもプラズマテレビは手放せないという人におすすめの使い方があります。日常生活で使うテレビには、電気代が安く、いつも明るい映像を楽しめる液晶テレビにしましょう。そして、映画鑑賞やスポーツ観戦などの時にはプラズマテレビを使って、映像の鮮明さを楽しんでください。プラズマテレビを特別な時に使う1台にしてみてはいかがですか?

まとめ

プラズマテレビの電気代について、液晶テレビと比較してご紹介しましたが、いかがでしたか?映画鑑賞やスポーツ観戦の時は、やっぱり鮮明な映像で楽しみたいですよね。しかし、プラズマテレビでの電気代の節約は難しいといえるでしょう。そのため、プラズマテレビと液晶テレビは、日常生活用と観賞用で使い分けて、電気代を節約しながら賢く利用しましょう。

家計の見直しはプロへの無料相談がおすすめ
LIFULL保険相談

保険のプロからアドバイスをうけることで、医療保険、がん保険、学資保険、介護保険、個人年金保険など、保険料の大幅に減額や、ライフプランの見直しが可能です。

日本生命保険相互会社のグループ会社である株式会社LHLが運営する保険相談ニアエルでは、テレビCMでお馴染の「保険見直し本舗、保険クリニック、みつばち保険、保険ほっとライン、ほけん百花、保険ひろば」など業界最大の全国1,200店舗以上の保険ショップと提携し無料保険相談の予約ができます。お近くの店舗を探してみてください。

近くの保険ショップを探す