電気代の節約

電気料金が安くなるだけじゃない!環境にも優しい青梅ガスで賢く節電

電力自由化を受けて契約の見直しをされている方へ向けて、地域密着型の青梅ガスについて紹介していきます。電気料金を節約できる以外にも、環境のことやこれから予想されている都市直下地震のことも考えて、広い視野で検討してみませんか。

青梅ガスの魅力を知ろう

青梅ガスの【青梅】ってどんな場所?

東京都の西北部、都心から西へ約50kmの地点に位置する青梅市。名水百選に選ばれた御岳渓谷や総面積の6割を占める森林など自然に恵まれた環境でありながら、圏央道青梅ICを通し、物流の通過点としても重要な役割を担っています。また、青梅市を流れる多摩川や荒川水系の河川流域には旧石器時代や縄文時代の遺跡が発見されており、歴史的文化財も多く残されています。

青梅ガスの取り組み

自然と産業が同居するこの地で、天然ガスを始めとする環境に優しいエネルギー供給に勤しむ会社が青梅ガスです。青梅市の環境条例を遵守した理念に則り、環境方針を掲げる青梅ガスは、2005年には厳しい審査を経て、国際的環境マネジメントシステム企画であるISO14001も取得しています。

災害時にも【備えあれば憂いなし】

2036年までに70%の確率で起こると予想されている首都直下型地震についても、耐震性の設備、地震を考えた材質のガス導管を使用したり、災害時に対応できる緊急車輌を24時間体制で待機しています。ガスの供給を停止しなければならない場合でも、停止の必要がある区域と必要のない区域に分けられるブロックバルブを設置し、必要なところにはガスを流したまま、ピンポイントでの修理が可能になっています。

青梅ガスに切り替えて地球にやさしく賢く節電

東京都も太鼓判【切り替える】節電法の効果

東京都は、冷房の設定温度を調整する、スイッチをつけっぱなしにしない、使用時間をずらすなどの意識したり手元で行えるような節電法を推奨しています。また、機器を最新のものに変更したり、電気をガスに変更するといった「切り替える」節電法の方については、より効果が大きいとしています。

ガス空調なら1/15

例えば空調設備を電気からガスでの供給へ変更したとしましょう。あるメーカーの20馬力のヒートポンプでは、使用する電力が1/15に削減されるという結果になりました。これはオフィスや事業所などの家庭よりも大規模なテナントに向けての実験だったようですが、ガス空調による節電が分かりやすく数字で表されたいい例です。

【電気からガスへ】は少し大変というあなたに

しかし、キッチン、バスルーム、リビング…と、電気からガスに供給方法を変更するとなると家全体のリフォームにまで話は及んでしまいます。そうなると人間少し億劫になってしまうのも事実です。「でも電気料金は安くしたい!」というあなたには、電気の契約を青梅ガスに変更するというのも手かもしれません。

大手会社とのシミュレーション比較をしてみました

ここからは具体的なシミュレーションをしていきましょう。比較対象には、ガス会社で電気も取り扱っているという共通点から、東京ガスを選出しました。3人家族の標準使用量で、どちらもガス会社である利点の割引を適用するべく、電気供給元のガスも利用しているという設定です。どちらも同じ設定ができた場合は(同一)どちらかの場合は(○○にはなし)としています。

シミュレーション内容

現在の契約 東京電力従量電灯B (同一)
契約アンペア 40A (同一)
電気代は 口座振替にしている(青梅ガスにはなし)
供給元のガスを使用中 (同一)
最もよく使う暖房機器のエネルギーを選択⇒電気(青梅ガスにはなし)
★入力手順や算出方法の違いから、使用量を同じ設定にするために、まずは東京ガスのほうでシミュレーションをしてみました。

東京ガスシミュレーション結果

戸建て・家族構成3人・延床面積60〜70?
年間4,032kWhで計算
★従来年間料金100,731円⇒95,276円
-5,455円電気料金を節約できる可能性あり!

青梅ガスシミュレーション結果

上記の東京ガスの結果詳細から、月ごとの使用量を青梅ガスのシミュレーションに入力して算出した結果
★従来年間料金111,140円⇒106,631円
-4,509円電気料金を節約できる可能性あり!

やはり大手との比較ということもあってか、節約できる可能性のある電気料金には1,000円弱の差額がでてしまいましたが、健闘しました。同じ設定でも従来の年間電気料金にもそもそも差がありますので、あくまで目安として受け取っていただければ幸いです。

まとめ

青梅市で1960年に創立以来、地域に根差したエネルギー供給を続けてきた青梅ガスには信頼できる企業姿勢があります。特に青梅市近辺に住んでいる方は、具体的な節電のためのアドバイスが受けられるサービスもあります。電力自由化に伴った契約の見直しをされているなら、電気料金が安くなるというだけでなく、環境への配慮や災害時の対応を視野に入れ、ぜひ検討対象にしてみてはいかがでしょうか。

家計の見直しはプロへの無料相談がおすすめ
LIFULL保険相談

保険のプロからアドバイスをうけることで、医療保険、がん保険、学資保険、介護保険、個人年金保険など、保険料の大幅に減額や、ライフプランの見直しが可能です。

日本生命保険相互会社のグループ会社である株式会社LHLが運営する保険相談ニアエルでは、テレビCMでお馴染の「保険見直し本舗、保険クリニック、みつばち保険、保険ほっとライン、ほけん百花、保険ひろば」など業界最大の全国1,200店舗以上の保険ショップと提携し無料保険相談の予約ができます。お近くの店舗を探してみてください。

近くの保険ショップを探す