電気代の節約

電力自由化で「ENEOSでんき」に乗り換え!電気料金はどうなる?

これまでは各地域で決められた電力会社と契約のこととなっていましたが、電力自由化により新たに多くの電力会社が参入し、自由に選択できるようになりました。ガソリンなどの石油製品を精製・販売で有名なJXエネルギー(株)が提供するENEOSでんきもそのひとつです。では、ENEOSでんきと契約すると電気料金は安くなるのでしょうか。

「ENEOSでんき」は電力供給の実力者!?

ENEOSは10年以上も学校などに電気を供給していた!

ENEOSと聞くとガソリンスタンドが頭に浮かびますが、実は、10年以上も前から、オフィスビルや学校、レジャー施設などの大型施設へ電気を供給していたという実績があります。ほかにも、太陽光や風力、水力発電などの再生可能エネルギーについても積極的に取り組んでいます。長年蓄積してきたノウハウによって、安定した電力供給が期待できる会社です。

ENEOSでんきの特長

ENEOSでんきは、大規模な発電施設を保有しているので、安定した供給が見込まれます。さらなる天然ガス発電所の大型増設を予定しているので、供給量はさらに安定すると考えていいでしょう。また、高効率天然ガス(LNG)発電やバイオマス発電など、酸性雨の原因となるSoxやCO?などの環境負荷の排出が少ないエネルギーを使用しての発電になっており、その点でも環境を考えた、将来性のある電力といえます。

ENEOSでんきの供給は東京電力エリア

2016年4月の時点の供給エリアは、関東圏の東京電力エリアのみになっています。東京を中心に、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、静岡県が対象です。ただし、静岡県は全域ではなく、富士川以東にあたる一部の地域となります。離島も対象外です。また、高圧一括受電や、建物全体で一括契約している場合も対象外となります。

ENEOSでんきは東京電力より電気料金が安くなる?

ENEOSでんきの料金体系

料金体系は、東京電力とほぼ同じですが、ENEOSでんきは「にねんとく2割」などのオプションメニューがプラスされます。電気料金の計算は下記のようになります。
・電気料金=(「基本料金」+「従量料金(単価×使用量)」)+「燃料費調整額」+「再生可能エネルギー発電促進賦課金」+「オプションメニュー」

東京電力との違いは「従量料金」です。「基本料金」「燃料費調整額」「再生可能エネルギー発電促進賦課金」は東京電力と同じ単価になっていますので、電気料金を比較するとき計算しやすいですね。ENEOSでんきは時間帯や曜日などに関わらず、1ヶ月に使用した電力量に応じて3段階に単価が異なる方式をとります。では、従量料金の違いを東京電力と比較してみましょう。

ENEOSでんきは電気使用量の多い家庭ほど電気料金がお得!

最初の120kWhまでの単価 20.76円(東京電力 19.52円)
120kWhを超え300kWhまでの単価 23.26円(東京電力 26.00円)
300kWhを超えた分の単価 25.75円(東京電力 30.02円)
※全て税込価格

最初の120kWhまでの単価は東京電力が安く設定されてますが、使用量が120kWhを超えると、単価を低く設定しているENEOSでんきのほうが割安になり、家族数が多いなど使用量が多くなる家庭ほどかなりお得となります。

お得なオプションメニューにも注目!

ENEOSカードでキャッシュバック

東京電力にも「口座振替割引」がありますが、1ヶ月54円の割引に止まります。ENEOSでんきでは、電気料金支払いの登録をENEOSカードにすると、ガソリン、灯油、軽油代のキャッシュバックのサービスを受けられます。通常でもENEOSカードでガソリン代などを支払うと割引サービスがありますが、ENEOSでんきの電気料金を支払うことで、さらに上乗せで、1ヶ月最大150Lまで、1L当たり1円割引となります。

2年以上契約すると、さらにお得に!

「にねんとく2割」を申し込むと、割引の適用開始日から、最大で24ヶ月間、使用量に応じて1kWhあたり0.20円(税込)割引というお得なメニューがあります。さらに、3年目以降になると、0.30円(税込)の割引となります。24ヶ月を過ぎると自動更新され、割引も適用されますが、23ヶ月目および24ヶ月目の契約満了月以外の解約の場合は、解約金として1,080円(税込)がかかります。

提携カードでの支払いでお得に!

ENEOSカード以外でも、特別提携カードにより電気料金を支払うと様々な特典が得られます。例えば、ANAカードではマイルが付与され、ビューカードやエポスカード、エムアイカードは通常の2倍のポイント付与、ティーエスキュービックカードやレクサスカードでは通常の1.5倍のポイント付与となります。さらに、Tポイントの利用手続きを行うとTポイントが貯まるというメリットもあります。

まとめ

ENEOSでんきは、10年以上も前からオフィスビルなどへ電気を供給していたという実績があるので、電力供給のノウハウは充分といえます。環境負荷の少ないエネルギーということで従来の電力会社から乗り換えても不安材料が少ないですね。電力使用量の多い家庭にはかなりお得な料金設定であり、割引メニューも充実しているので、電気の乗り換えを検討してみるのもいいのではないでしょうか。

家計の見直しはプロへの無料相談がおすすめ
LIFULL保険相談

保険のプロからアドバイスをうけることで、医療保険、がん保険、学資保険、介護保険、個人年金保険など、保険料の大幅に減額や、ライフプランの見直しが可能です。

日本生命保険相互会社のグループ会社である株式会社LHLが運営する保険相談ニアエルでは、テレビCMでお馴染の「保険見直し本舗、保険クリニック、みつばち保険、保険ほっとライン、ほけん百花、保険ひろば」など業界最大の全国1,200店舗以上の保険ショップと提携し無料保険相談の予約ができます。お近くの店舗を探してみてください。

近くの保険ショップを探す