電気代の節約

W(ワット)やA(アンペア)は知っているけれど「kVA」って何?

便利な電化製品は日常生活に欠かせないものですが、電気料金の値上げがあると、少しでも電気代を抑えたいと思いますよね。でも、契約の見直しを考えようと電気料金の請求書を見ても、よく分からない用語が多くないですか?例えば、「kVA」という単位です。一体どんな単位なのか、詳しくご紹介します。

kVAはどんな単位なの?分かりやすく教えて!

kVAを理解するにはVとAの意味を理解しよう!

Vはボルト、Aはアンペアのことです。この2つの意味を分かりやすく説明するために、電気を水に置き換えて、水がホースを流れる様子で説明します。水がホースのなかを通り外に出ていく様子を電気で考えると、水が流れようとする力が電圧(V)で、流れている水が電流(A)というわけです。流れている水の量である電流(A)は、つまり電気の量ということです。1秒間に流れる電気の量が、アンペアということです。

VとAが一緒になったVAはどういう意味?

電流と電圧を掛け合わせた単位のW(ワット)は電気の大きさを表す単位ですね。VA(ボルトアンペア)も、実は電気の大きさを表す単位なのです。ではW(ワット)とVA(ボルトアンペア)何が違うのでしょう?Wは有効電力と呼ばれ、実際に使われる電力のことを指しています。VAというのは「皮相電力」と呼ばれる電気機器全体を動かすための消費電力のことです。このWとVAの違いについては、後で詳しく説明しますね。

VAの前に”k”がついてkVAになるとどういう意味?

単位が変わると混乱しがちですが、すごく簡単です。1,000VA=1kVAということです。1,000gを1kgと表すことと同じですね。皮相電力kVAとは、仕事をするのに消費される有効電力と実際の仕事に消費されない無効電力の両方を合わせた電力のことですね。皮相電力kVAは、「見た目の電力」といわれることもあります。

消費電力のWとVAは何が違うの?

家電製品により異なる消費電力

電気ヒーターやドライヤーなど、熱エネルギーに交換するときは、供給された電力のほとんどをロスなく熱エネルギーに変えられます。一方、エアコンのようなモーター搭載の電化製品は、実際には表示されている消費電力よりも大きな電力を要します。機械内部の抵抗によるものですが、数%ほどの電力が仕事をしない電力として電源へ戻ってしまいます。そのため、無効の電力分を加味したうえで、電力を供給する必要があります。

エアコンで有効に消費される電力は?

エアコンなどの電化製品の場合、有効に消費される電力は、エアコンに投入された電力の95%くらいしかありません。消費電力が700Wとすると、実際に投入するべき電力は700W / 0.95 = 736.8Wであり、約740Wが必要ということです。40W分の電力を余分に供給する必要があり、さらにその40W分は実際には仕事をしないロスの電力となってしまいます。

ロスする電力がポイント

消費電力WとVAの違いとは、上で説明したロスする電力を含めるか否かの違いです。W表示では消費される電力が分かっても、ロスする電力は分かりません。どのくらいの電力が実際に必要なのかを知るために、消費電力VAという単位があるのです。そして、kVAとは、単純に1,000VAが1kVA ということでしたね。

電気容量契約の単位がkVAの場合と使える電力の目安とは?

オール電化の住宅

一般的な家庭の電気容量契約の大半は、A(アンペア)表示です。しかし、省エネブームの影響で、オール電化住宅が増えつつあります。オール電化住宅では、一般の住宅よりも電化製品が多いため、使用する電力も必然的に大きくなります。それに比例して、ロスとなってしまう電力も多くなります。そのため、オール電化住宅では電化製品がロスする電力分を加味する必要から、kVAの単位が電気容量契約に用いられています。

実際の計算方法

例えば、契約容量が6kVAだと、6K=6,000ですから6,000VAですね。すなわち同時に6KW(6,000W)の電化製品が使用できるわけです。電化製品の仕様や配線状況により多少の差はありますが、エアコンと電子レンジ、炊飯器くらいは同時に使用することができるでしょう。ただし、ロスとなる電力を含めると、ブレーカーが飛ぶことも考えられます。

このように、電化製品に表示される消費電力の合計と実際の消費電力はイコールではないのです。どの家電を一緒に使用した場合にブレーカーが飛ぶのか、また同時使用したい最低限の家電の組み合わせは何かを考えることがポイントです。また、夏と冬では電力の使用量が変化しますので、季節による使用量も計算する際に考慮しておきたいポイントです。

まとめ

一般的な家庭の電気容量契約のAと違って、kVAは馴染みがない単位ですよね。電気容量契約の見直しでは、ブレーカーが度々落ちるときは容量不足を疑います。逆に、全く落ちないというケースでは、容量が大き過ぎることも考えられます。家の契約容量が適切かどうか判断するには、日頃使用している電化製品の消費電力を合計してみると良いでしょう。インターネットで、最適な料金プランを診断できるツールもありますよ。

家計の見直しはプロへの無料相談がおすすめ
LIFULL保険相談

保険のプロからアドバイスをうけることで、医療保険、がん保険、学資保険、介護保険、個人年金保険など、保険料の大幅に減額や、ライフプランの見直しが可能です。

日本生命保険相互会社のグループ会社である株式会社LHLが運営する保険相談ニアエルでは、テレビCMでお馴染の「保険見直し本舗、保険クリニック、みつばち保険、保険ほっとライン、ほけん百花、保険ひろば」など業界最大の全国1,200店舗以上の保険ショップと提携し無料保険相談の予約ができます。お近くの店舗を探してみてください。

近くの保険ショップを探す