電気代の節約

ソフトバンクの方は必見!「ソフトバンクでんき」を利用するメリットは?

2015年秋より、電力事業に参入を表明する企業がどんどん増え、2016年4月より本格的に電力自由化が始まりました。その中でも、いち早く参加表明をしたソフトバンク。今回は、「ソフトバンクでんき」のメリットについて、ご紹介いたします。

そもそも電力自由化ってどんな制度?

電力自由化とは独占状態だった電力業界の市場を開放する制度のことです。今までは、特定の電力会社からしか電気を購入することができない一種の独占市場でした。しかし、2016年4月からは、さまざまな業界・業種が市場に参入することで、電気市場の競争を活性化し、消費者へのメリットが増えることが期待されます。独身から結婚・出産などライフスタイルの変化に応じて、電気会社を変え、その時のライフスタイルに相応しい料金を選ぶことができます。

独身で、携帯電話やインターネットを使用する機会が多い方は、携帯電話事業会社が提供する電気を利用すると、通信料金の割引が受けられます。仕事やプライベートで車をよく使う方は、石油会社が提供する電気を利用すると燃料購入費などの割引が受けられます。結婚や出産を迎えた方は、ガス会社が提供する電気を利用することで、光熱費全体を下げることができます。

このように消費者のライフスタイルに応じた料金設定が消費者の判断で自由にできるため、消費者のメリットも大きくなります。

「ソフトバンクでんき」はどれだけお得?

ソフトバンクは、他の企業に先駆け電力事業に参入を表明し、2015年秋頃からテレビCMなども放映してきました。ソフトバンクは、携帯事業の顧客や他社携帯を利用している顧客をターゲットにしており、さらなる収益軸を増やすことが目的です。ソフトバンクでんきの利点は主に以下の通りです。

電気をたくさん使うほど2年間で約12,000円お得になる

東京電力のプランと自社の提供プラン(消費者の条件は同じ)を比較したところ、ソフトバンクでんきの方が2年間で約12,000円お得ということを謳っています。

電気代に応じて、Tポイントが貯まる

現代社会において、電子マネーや電子ポイントは欠かせない存在になっています。ソフトバンクでんきにおいては、電気代1,000円につき5ポイント付与され、2年間で1,040ポイントが付く計算となります。今まで東京電力を利用していても、ポイントなどの付加価値は一切なかったため、画期的といえます。

「おうち割でんきセット」でスマホ代(インターネット代)が毎月200円割引

電気を使用するだけで、毎月のスマホ代やインターネット代が1世帯あたり200円割引され、2年間で4,800円お得になります。

光セットで大幅に割引

さらに「おうち割 光セット」で、スマホ代が1人あたり毎月最大2,000円も割引を受けられます。家族3人の場合、2年間で144,000円もお得になります。

上記に紹介した特典やプランをすべて利用した場合、家族3人の世帯で計算すると、でんきでお得+Tポイント+おうち割でんきセット+おうち割光セットで、2年間最大161,840円相当がお得となります。このように、今まで電気を使用するだけの生活から、電気を使用すると知らないうちに割引され、お得になるサービスが登場し、消費者に大きなメリットを与えてくれます。

「ソフトバンクでんき」を利用するにはどうすればよいのか?

では、「ソフトバンクでんき」に切り替えるためには、どのような手続きが必要なのでしょうか。ソフトバンクでんきは最寄りのソフトバンクショップや公式サイトで簡単に申し込むことができます。その際に検針票を用意しておくと契約手続きがスムーズに行われます。

しかし、「家族構成やその時の暮らしによって、必ずしもソフトバンクでんきがお得だと言えないかも…」とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。その時は検針票に記載されている「電力会社名」、「契約種別」、「契約容量」、「検針票に記載してある電気料金、もしくは電気量」、「対象年月」、「郵便番号」をソフトバンクでんきのホームページにも上記の項目を入力することで想定電気料金を算出することができます。

電気料金の算出の際はなるべく、季節ごとの検針票を使って、複数月算出することです。電気代は春秋や夏や冬によっても異なります。冬は灯油ストーブやガスヒーターを使っている場合は1年間の電気代はあまり変わりありませんが、エアコンの暖房を使用している場合は電気代も高騰します。夏はエアコンの冷房を使用する方がほとんどのため、1年間のうち、電気代が高騰する時期でもあります。

理想は、前年全ての月の検針票を、ひと月ずつ算出することですが、最低でも春(5月)、夏(8月)、秋(11月)、冬(2月)の4つのシーズンの検針票で算出しましょう。住んでいる地域によっても気候の違いがあるので、その点も考慮するとなお良いでしょう。

まとめ

ソフトバンクは、参入企業の中でも、早い段階で参入を表明した会社です。そのため、念入りにプランが練りこまれ、消費者のためになるようなサービスとなっている可能性が高いです。ソフトバンクと契約されている方は一度検討してみるのも良いでしょう。

家計の見直しはプロへの無料相談がおすすめ
LIFULL保険相談

保険のプロからアドバイスをうけることで、医療保険、がん保険、学資保険、介護保険、個人年金保険など、保険料の大幅に減額や、ライフプランの見直しが可能です。

日本生命保険相互会社のグループ会社である株式会社LHLが運営する保険相談ニアエルでは、テレビCMでお馴染の「保険見直し本舗、保険クリニック、みつばち保険、保険ほっとライン、ほけん百花、保険ひろば」など業界最大の全国1,200店舗以上の保険ショップと提携し無料保険相談の予約ができます。お近くの店舗を探してみてください。

近くの保険ショップを探す