家計管理

家計簿を使って節約する!継続して上手に貯金する方法をご紹介!

無駄づかいしているわけではないのに、なかなかお金が貯まらないというお悩みを抱えている人は多いです。こんなとき、家計簿を利用するととても効率的に家計を節約することができます。そこで今回は、家計を上手に節約する方法をご紹介します。

節約には家計簿をつけることが大切!

家計を節約してお金を貯めるためには、まずは家計簿をつけることが重要です。

お金を貯めたいのになかなか貯まらないと言っている人の中には、家計簿をつけていない人が多いです。

家計簿をつけていないと、自分が月々どれだけ収入があって、支出の割合がどのくらいかなどの基本的なことすら知ることができません。

ただ、そう言われても、どうして家計簿をつけると節約につながるのかわからないということもあるでしょう。そこで、以下では家計簿をつけると節約に役立つ理由やメリットをご紹介します。

家計簿をつけるメリットとは!?

家計簿をつけると、自分たちの世帯の収入と支出、その内訳の金額が明らかになります。

これによって、月々どのくらいの余剰が出ていて、どのくらい貯金ができているのか、またはできていないのかがわかります。

また家庭でのお金の使い方の傾向もわかります。たとえば、普段の月は節約ができているのに、ボーナス月になると気が大きくなってついついお金を使いすぎていることなども判明します。

そうしたら、ボーナス月にも普段と変わらない生活をするように心がけるだけで、家計の節約につながるのです。

また、家計簿をつけると、自分が何にどれだけお金を使っているかが一目瞭然になります。すると、無駄な支出があればすぐに把握しやすいです。

一見して無駄だと思える支出があれば、それを削っていけば簡単に家計の節約ができるのです。また、家計簿をつけること自体がプレッシャーになるという効果もあります。

何かにお金を使いたい場合でも、後に家計簿をつけることを考えると「やっぱり辞めておこうかな」と考えて我慢できます。

このように、家計簿をつけるといろいろな意味で家計の節約につながります。

家計簿を続ける方法は、細かいことにこだわらない!

家計簿をつけたら節約につながるとわかっていても、なかなか家計簿をつけることを続けられないという悩みを抱えた人が多いです。

家計簿を続ける良い方法はないものでしょうか?

家計簿を続けるためには、まずは、細かい金額にまでこだわらないことです。

レシートをとっておいて、100円以下の単位まで細かく計算して家計簿をつけていると、大変手間がかかりますし、ストレスになってきます。そうすると、結局家計簿を投げ出してしまうことになります。

家計簿をつける際、100円以下の単位の誤差があってもさして問題にはなりません。

よって、レシートで家計簿をつける際には、細かい数字にこだわりすぎず、おおざっぱに費目についても細かいところまでこだわりすぎないことです。

何かよくわからない支出は、すべてその他や雑費に入れてしまってもかまいません。

とにかく、支出のおよその金額を把握することが重要です。

最近では、クレジットカードや電子マネーの利用履歴を利用して、自動的に計算してくれる家計簿アプリなどもあってとても便利です。

自分でレシートを一つ一つ確認していくことがどうしてもできない場合には、家計簿アプリを利用するのも1つの方法です。

通信費を削減することが重要ポイント!

家計を節約するためには、家計の固定費を削減すると大きな効果が得られます。

そこでまず削ると良いのが通信費です。通信費は、携帯電話やインターネット代、テレビの有料チャンネルや固定電話の費用などです。

家族全員が携帯電話を利用している場合など、全員分合計すると相当な金額になっているケースが多いです。

そこで、たとえばパケットの使い放題をやめてWi-Fiに切り替えるなどの工夫をしてみましょう。

スマホの利用方法も、格安スマホに変えて上手に利用すれば、月々数千円以上の節約につながります。これが家族全員分になると、数万円単位の節約につながるケースもあります。

あまり見ないテレビの有料チャンネルを契約している場合などには、解約してしまうことです。このようなことも、普段意識しないことですが、家計簿をつけると支出が一目瞭然になるので無駄であることがすぐにわかって便利です。

生命保険を見直すことも節約につながる!

家計簿をつけると気づくことがありますが、生命保険などの保険が無駄になっていることがあります。不相当に高額な生命保険に加入しているケースなどです。また、複数の保険に加入しているため、同じ内容の保障が重複してしまっているケースもあります。

月々の生命保険の掛け金は数万円になることも多く、これを削ると大きく節約につながります。

不要な保険があれば解約してしまえば解約返戻金も返ってくるので貯金もできます。

もう少し金額を抑えた保険でも代用できる場合には、今までの生命保険をやめて別の保険に切り替えることも検討してみましょう。

まとめ

家計を節約するためには家計簿がとても役立ちます。細かいことは気にせずおおざっぱに家計簿をつけて継続することが大切です。通信費や生命保険の金額を削ると大きく節約出来るケースがあります。家計簿を賢く使って上手にお金を貯めていきましょう。

家計の見直しはプロへの無料相談がおすすめ
LIFULL保険相談

保険のプロからアドバイスをうけることで、医療保険、がん保険、学資保険、介護保険、個人年金保険など、保険料の大幅に減額や、ライフプランの見直しが可能です。

日本生命保険相互会社のグループ会社である株式会社LHLが運営する保険相談ニアエルでは、テレビCMでお馴染の「保険見直し本舗、保険クリニック、みつばち保険、保険ほっとライン、ほけん百花、保険ひろば」など業界最大の全国1,200店舗以上の保険ショップと提携し無料保険相談の予約ができます。お近くの店舗を探してみてください。

近くの保険ショップを探す